祇園畑中オリジナル 京菓子「接方来」 12個入り

十勝小豆のほどよい甘さとしっとり感が抹茶に合う

十勝小豆のほどよい甘さとしっとり感が抹茶に合う 「接方来(せっぽうらい)」とは、「来る人はこばまぬ」という意味だそうです。「人と人との出逢いを大切にしたい」というのがこのお菓子の名の由来です。
このお菓子を作っているのは二条城の近くで店を構える「京菓子 本たちばな」。厳選した原料を用い、素材が持つ味わいを崩さないように、職人が丁寧に和菓子を作っています。「接方来」は十勝小豆を寒天でくるんだもの。まわりの砂糖がさくっとして口当たりがよく、中には甘くてやわらかい小豆がしっかりつまっていて、食べ応えがあります。
「祇園畑中」のお茶菓子として提供されているもので、宿のオリジナルパッケージでの販売となります。抹茶と合うお菓子をということで選ばれている和菓子ですので、ぜひお試しください。

推薦人から一言

祇園畑中
推薦人の宿祇園畑中
京都・祇園にある閑静な京の隠家といった趣の宿。祇園祭で有名な八坂神社の前に建つ。東山文化にみられる「市中の山居」をテーマにし、華やかな祇園で閑寂の趣が味わえる。現代数寄屋建築の端正な客室は21室(離れ9室、本館12室)で、全室高野槇木風呂付き。高野槇男女大浴場もある。落ち着いた雰囲気で味わえる食事は盛り付けも華麗な京料理。季節の京野菜や旬の素材を生かした彩りで、市中の山居で堪能する究極の味だ。
京都府

主人 畑中誠司

50年ほど前から、本たちばなさんにお茶菓子を頼んでいます。「接方来」は30年ほど前に「祇園畑中」のお着きのお菓子として作ってもらったものです。小豆がほどよい甘さで美味しいですよ。現在は客室に置いて、自由に召し上がっていただくお茶菓子にしています。当館でも人気のおみやげです。

祇園畑中祇園畑中オリジナル 京菓子「接方来」 12個入り
「祇園畑中」のお茶菓子「接方来(せっぽうらい)」を作っているのは「京菓子 本たちばな」。十勝小豆を寒天でくるんでいます。まわりの砂糖は口当たりがよく、中にはほどよい甘さの小豆がつまった上品な京菓子です。
納期 2~4日以内
年末年始は商品によりご発送が遅くなる可能性がございます。予めご了承下さい。
内容量 12個(1箱)
保存方法 常温
賞味期限 3週間
原材料 小豆、水飴、寒天、ソルビット
販売期間 通年
製造元名称 京菓子 本たちばな

祇園畑中オリジナル 京菓子「接方来」 12個入り

商品画像を拡大

送料別1,400円(税込)

ユーザーレビュー

お客様よりお寄せいただいた商品レビューをご紹介!

この商品のレビューを書く