あつみ かぶら漬け 1kg

焼畑で育てられた、無肥料•無農薬の赤かぶ

焼畑で育てられた、無肥料•無農薬の赤かぶ 赤かぶの産地、山形県鶴岡市一霞は、新潟との県境に近い温海温泉周辺の小さな集落です。この赤い温海かぶの栽培が始まったのは、今から400年以上前で、天明5年(1785年)には将軍家に献上されたという記録も残っています。
温海かぶを作るのは、お盆の頃にまず栽培予定の傾斜地の山焼きを行うことから始まります。まだ熱が残るうちに「種」を蒔き、その後は“間引き作業”以外は収穫まで何も世話をしません。焼畑は病害虫の防除や除草に効果があり、焼けて残った草木の灰はミネラルとなる、はるか昔から行われている自然農法、無農薬栽培です。10月上旬頃、大きくなったかぶから収穫します。急斜面を這うようにして行う取り入れは、雪が積もる直前まで行われます。

生産者も期間も限定!! 東北の冬の味はお早めに!!

生産者も期間も限定!! 東北の冬の味はお早めに!! 温海かぶは白かぶに比べ、旨み成分であるグルタミン酸を約2~4倍多く含み、その旨みとほどよい辛味、歯ざわりの良さが特徴です。原料は、無農薬・無肥料のその「温海かぶ」と塩・砂糖・酢だけ。一度塩をふり重石をかけて赤かぶの水分を取ってから、酢と砂糖で2週間ほど漬け込むと“ぱりぱり”とした食感の香り高い甘酢漬ができます。収穫した温海かぶは赤紫色をしていますが、甘酢とかぶの色素が反応し、きれいなピンク色に変わっています。
年々農家の高齢化が進み、急斜面での作業がきつくなって、耕作面積も限られています。生産量も生産期間も限定される貴重な『あつみ かぶら漬』、ぜひ、ご賞味ください。

推薦人から一言

たちばなや
推薦人の宿たちばなや
山形県あつみ温泉の旅館「たちばなや」は350年前より火を灯す歴史ある温泉宿。戦後、昭和天皇皇太后陛下、皇太子・同紀殿下が宿泊し、多くの文人墨客や旅人に愛されてきました。たちばなやの屋号は、万葉集の中の聖武天皇の歌よりつけたと言われています。開湯約1000年を数えるあつみ温泉。その歴史の重みを感じさせる重厚な建物は温海川沿いに構え、せせらぐ川音には四季折々の風情があります。街の喧騒から離れた静寂の空間。温海岳など豊かな自然に包まれた客室は、ゆとりと品があり、心やすらぐひと時が過ごせます。
山形県

館主 佐藤佐次右衛門

焼畑農法による自然栽培で作られる温海の名産品は、全くの無肥料、無農薬で作られ、10月下旬から1月下旬頃までが食べ頃です。ほどよい辛味と歯ざわりの良さを楽しんでください。

たちばなやあつみ かぶら漬け 1kg
焼畑農法による、無肥料、無農薬の自然栽培で作られる温海の名産品は、10月下旬から1月下旬頃までが食べ頃です。甘酢漬けにした美しいピンクの『あつみ かぶら漬け』は、サクッとした歯ざわりとほのかな辛味がさわやかで、何とも言えない美味しさです。
納期 5~7日以内
年末年始は商品によりご発送が遅くなる可能性がございます。予めご了承下さい。
内容量 1kg
保存方法 冷蔵
原材料 赤かぶ、酢、砂糖、塩
賞味期限 製造日より60日
販売期間 10月末~1月末
製造元名称 一霞温海かぶ精算組合

あつみ かぶら漬け 1kg

商品画像を拡大

送料別1,862円(税込)

在庫なし

ユーザーレビュー

お客様よりお寄せいただいた商品レビューをご紹介!

この商品のレビューを書く